ドライオーガズム

ドライオーガズムによって得られるものを調べてみると、様々な表現を目にします。
最も目にするのは、オーガズム達成時に「頭が真っ白になる」です。
目を閉じた状態で達するのですが、その時に本当に白さを感じていたり、意識がふと飛んだりする事を指しています。
意識が飛ぶといっても、もちろん意識ははっきりとしているので、他の事を感じないといったものを端的に表しているのです。
それまで、前立腺を刺激し続けて、それと同時に周りの空間も感じていましたが、唐突にそれらがなくなるそうです。
それだけリラックスしつつ、快感を得ることができるのでしょう。
また「体が浮く」「フワフワする」といった表現もなされます。
これはオーガズム達成時に、瞬間的に無重力状態を味わうもので、遊園地の遊戯施設でフワッと体が浮く感覚と同様のものです。
集中していると、体の重さを感じ無くなります。
そして、「頭が真っ白になる」と同様に、意識がありつつも、意識が遠のく事を表しているのでしょう。
また、この感覚はオーガズム達成後も僅かながらに残っています。
重さを感じなくなるということは決してありませんが、何をしていても体が軽く浮遊している感覚が残るのです。
それによって何か支障があるかというと、ありません。
少なくとも、浮遊感を否定する発言をネットで見かけたことはありません。
私の経験からも、浮揚感があっても支障はなく、むしろ、軽く酔っているような心地よさがあります(酒は一滴も飲みません)。
また浮遊感を得ている最中は、気分も晴れ晴れしているので、何が起こっても災難と受け止めず、冷静に対処できるのです。
女性でもオーガズム達成時に、浮遊感を味わっているようで、話を聞くことが出来れば、その感覚がより分かることでしょう。
ちなみに、達成後に浮遊感が残ることを女性から聞いた事がなく、もしかしたらドライのみ得られるのかもしれません。
そして、絶頂期が繰り返し訪れるのもネットでは語られています。
射精を伴うウェットオーガズムでは、性刺激が精液によって持たされているのか、射精共に急速に快感が失われますが、それがありません。
オーガズム達成後に余韻があり、その最中に再び性感を刺激すれば容易にオーガズム達成が可能なのです。
そのため、終わりがなく、終止符を打たせるためにわざわざ射精をする人もいます。
それ程、持続性のあるものなのです。
また女性がイク瞬間、体を硬直させ、その後痙攣が続くことがありますが、それが起こります。
その直前に余りにも気持ちが良すぎて息をするのを忘れてしまう人がいるそうですが、これは言葉のあやかもしれません。
しかし、それと同様に、達成直前に「死ぬ~」と感じることがあるのも事実なようです。
全ての快感が押し寄せてきて、余りの強さに衝撃を受け、そうした表現をしているのです。

ドライオーガズムについて、当サイトは初心者向けにきさいしていますが、ドライオーガズムは奥が深いものです。
失神を目指すのであればこちらのサイトがお勧めです・・・ドライオーガズム
男でも失神しそうなくらい気持ちよくなってみたいものですよね。「死ぬ~」は女性でも口にするそうですが、ドライオーガズムはそれほど女性の快感と近いものを味わえるということでしょう。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムの印象の変化について

最初の印象と今ではまったく違って見える物が世の中には多すぎます。
それは、私たちが見た目と実際のギャップを感じているからで、本質を見極める目を持っていることが大きいです。
性に関しては特に先入観で物を見ることが多く、アブノーマルな物を敬遠しがちでした。
私も男性がアナルでイクことについて、どうしても納得できない物があり、いろいろと調べてみて、真実を見つけたものです。
興味深いのは、衆道として長く伝えられてきた男性同士のセックスで、前立腺を刺激するコツを誰もが知っていたことでした。
男性が射精によって得る快楽をウェットオーガズムといいます。
これに対し、射精を伴わない絶頂感をドライオーガズムと呼びます。
その快感は射精の数倍にもおよび、真の意味での快感と呼んで差し支えないでしょう。
自分の性感帯は自分が一番良く知っていると思っていましたが、妻とセックスしていてそれは違うなと思いました。
私と一番多く体をあわせている妻は、私がドライオーガズムの話をするとすぐにのってきて、前立腺刺激に協力してくれました。
彼女はさすがにツボを心得ていて、私はあっという間にイカされてしまったのです。
心を許した相手にされると、なんだかアナルセックスも良い物だろうなあと思えてきます。
お礼に妻にはいつも指マンで絶頂を味わわせた後、たっぷりと奉仕をしてあげるのが日課になりました。
男女ともに快楽を求める姿勢は変わりません。
それがちょっとノーマルとは違う形で出ているのが前立腺の刺激による絶頂感なのです。
友人が新しい風俗にはまっていると聞き、いろいろお話を聞いたら、それがどうやら性感エステであることを突き止めました。
彼が通っているお店では、風俗嬢がきちんと教育されていて、非常に高度なテクニックを披露してくれるそうです。
彼が言うには、あっと思った瞬間には風俗嬢の指が前立腺を刺激しており、瞬く間に陶酔状態になって、「ほおおっ」などと声を上げ、絶頂を迎えられるとの話でした。
こうした快感は人により差がありますが、性感エステではどんなお客さんが来ても確実にドライオーガズムを感じられるようサービスを欠かしません。
こうしたお店では風俗嬢の質も高く、気持ちよくお金が払えるでしょう。
若い人たちを中心に、アナルの快感を味わう人が増えています。
ドライオーガズムの印象はアブノーマルで得体の知れない物だったのが、確実に男性が快感を得られる素晴らしい物に変化しました。
それは時代の流れもあるでしょうし、人間としての当然の欲求がそうさせたともいえます。
自分が今まで感じた部位をピックアップしていったら、ペニスに関わる部分より、アナルに関わる部分のほうが増えたとわかりました。
これは前立腺刺激による快感を覚えてからでして、自分の体が確実に作り変えられたことを象徴しています。
それは、性についての目覚めでもあり、新しい世界が私の前に開かれた瞬間だったのです。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムの動画

真実の究明には、とにかく実験と経験、探求が必要です。
それは、性に関してのことだと特に興味がわき、自分の体の中に眠る特殊な感覚を呼び起こすことに熱心な人がいることでも証明されています。
ふとした拍子に真実が明らかになることは多く、私もつい最近まで男性がなぜアナルで感じるのかわかりませんでした。
男性には前立腺なる器官があり、これを刺激することで、射精よりはるかに大きい快感を得ることができます。
それは通称ドライオーガズムといい、男性だけが感じられる快感です。
前立腺の刺激には棒状の器具や指を使いますが、できればパートナーに刺激してもらったほうがいいでしょう。
知識を仕入れるとやってみたくなるのが私の性質でして、射精せずに絶頂を迎えるのがいかなる物か、自分なりにやり方で試してみました。
アナルに指を入れるので、かなり特殊な体勢になるのは仕方ないとしても、前立腺を刺激し続けるのは困難を極めたので、やむなく断念し、器具を買うことにしたのです。
アダルト関連グッズの通販サイトで、前立腺刺激のための棒状の器具は売っているので、安い物を買って使ってみました。
すると、最初こそ違和感はあったものの、次第に気持ちが楽になってきて、最終的に「おおおっ」と大きな声まで出てしまったわけです。
私自身こんなに感じるとは思っていなかったので、しばらく放心状態になって動けなかったことも含め、大変驚きました。
ドライオーガズムの影響力は大変大きく、これならはまる人もたくさんいると納得できます。
普段からアブノーマルなセックスを好んでいましたが、アナルの快楽については研究不足でした。
何事も突き詰めてみなければ気が済まない私にとって、前立腺刺激による絶頂感はかなり興味をそそられる物だったのです。
性感エステなる風俗サービスがあるのを知ったのもそんな時で、これはお客にドライオーガズムを感じさせることを売りにした風俗店でした。
試しに行ってみたら、風俗嬢がアナルに指を入れてくれて、ものの数分で達することができたのは驚きです。
今の風俗はテクニシャンが多いと聞いてはいましたが、実際にイカされてみると、これほどの物だったかと感心します。
はずみで探求を行うことになりましたが、今では私がドライオーガズムの虜です。
十分に知識を得てきちんとした技術を持っていれば、いつでも射精なしで絶頂を迎えることができます。
妻とのセックスでも彼女に協力してもらい、かなり長時間プレイできるようになりました。
前立腺刺激のコツは激しすぎず、優しすぎずが基本です。
こうした緩急をつけた刺激は、世のどんな男性にとっても心地よい物になるのでしょう。
アナルの快感を昔の人は禁忌と呼んでいました。
それは、あまりにも大きな快楽に我を忘れてはまってしまうからです。
私も自分の体の中にこれほど未知の感覚があるとは思っていませんでした。
だからこそ、これからも探求していこうと強く思ったのです。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムのノウハウを記したサイト

ネットでアダルト関連の情報を仕入れていくと、意外なことがわかったりします。
特にアブノーマルな方向の知識は、実は的を射ていた物だったと理解でき、また一歩賢くなった自分を再確認できるのです。
男性がアナルの快感を味わうことについても、特殊な人の性癖くらいにしか思っていなかったのですが、いまやかなりの面で理解できるようになりました。
これは、私自身が前立腺の刺激によってドライオーガズムに達することができたからです。
性感エステに行って、風俗嬢にサービスしてもらったのが、この絶頂感を体感したきっかけでした。
最初はあまり気持ち良いと思いませんでしたが、じわじわと快感が下半身全体に広がり、いつしか「おあおおっ」などと支離滅裂な言葉を発し、風俗嬢の見ている前で失神してしまったのです。
この時ばかりは記憶がありません。
体験してみて驚きましたが、ドライオーガズムの場合は射精を伴わないので、体力の消耗がほぼないのです。
私もイッた後ですぐにまた絶頂を感じましたが、その時もやはり消耗はありませんでした。
これは射精による精液の放出がないからで、従って脱力感や倦怠感も生まれないわけです。
考えようによっては、この絶頂の得方はかなり効率的であり、エコな性生活が送れるきっかけともなり得ます。
それは、体力を消耗せずに射精の数倍もの絶頂を感じることができ、それでいて失う物がないからです。
前立腺を刺激するにはかなりのコツと修練が必要になりますが、慣れてしまえばどうということはないでしょう。
幸い、今は風俗でも簡単にドライオーガズムに達することができます。
性感エステのお店では基本的に風俗嬢の一人一人がお店から指導を受け、お客を確実に絶頂に導くことができるようレクチャーされているのです。
それは、システム的にもよく考えられており、風俗店のレベルの高さを感じられます。
しっかりとした理念を持ち、手段の一つとして射精をせずに絶頂に達する方法をマスターした風俗嬢は、自分たちの仕事に誇りと責任を持っていると感じました。
私は足しげくこうしたお店に通い、自分なりにきちんと分析して、良い条件で絶頂を迎えられるようなパターンを考え、サービスを受けています。
ネットでもドライオーガズムを得るためのノウハウを記したサイトなどは、私にとってバイブルです。
妻とのマンネリ化した性生活に一陣の風を吹き込むため、あえてこの絶頂の状態を研究したのは、偶然ではありません。
今後のセックスライフにおいて射精を伴わない絶頂の状態は主流になるでしょうし、自分でもこの快感が病みつきになっているので、射精による快感より好ましいと思っています。
きちんと説明して、妻にも協力してもらうことになりましたので、これからの私は前立腺刺激によりかなり長時間のセックスが可能な体になりました。
この絶頂の仕方を繰り返していると、男性としての性感帯が開発されていくのもサイト上に記されていて、興味がわきます。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムのコツ

昔の人は性に関しては割と自由であり、男性同士のセックスもありでした。
それは世界的な通例だったらしく、どの地域でも男性がアヌスによる快感を得ていたことが明らかになっています。
現代社会においてもそれはメジャーであり、男性がアナルで快楽を得ることは多少特殊であっても受け入れられているのです。
射精を伴わず、射精の何倍もの快感を得られるドライオーガズムは、多くの人にとって期待がかかる新たな絶頂の状態を示してくれました。
男性だけにある前立腺を刺激し、持続する快感を得るのが特徴ですが、私はつい最近まで存在すら知らなかったです。
性に関しては興味を持たなければいつまでも無知なままですので、自分から興味を持って知識を得なければいけません。
男がどういう形で快感を得るかは漫画やアダルトビデオで見て知っている人のほうが多いでしょう。
オーソドックスな射精のスタイルは、昔から性行為の象徴として取り上げられ、誰もが知っています。
しかし、射精による快感は一瞬の物であり、それを感じた場合は体力の消耗が著しいのはみんながご存知です。
ドライオーガズムは射精を伴わないので、体力などの消耗がありません。
しかも射精の数倍の快感を得ることができ、「ほおおっ」などと声を出してしまうくらい気持ちがいいのです。
これだけは射精では味わうことができない物で、男性として生まれてよかったと心の底から思うでしょう。
性感エステに行ってサービスを受けている時、私も最初は風俗嬢がちょっとしたサービスをしてくれるだけと思っていました。
しかし、手袋をはめて私のアナルに指を入れ、前立腺を実に的確でリズミカルにマッサージしてくれたので、思いの外気持ちが良かったのです。
気がつくと放心状態で、射精せずに達している自分がいました。
こうした素晴らしい体験は、あらゆる面で自分の意識を変え、性生活そのものにも影響してきます。
事実、私は妻とのセックスもかなり派手になり、エキサイトするようになったのです。
妻にはいつも前立腺刺激でお世話になっているので、ここぞとばかりクンニでご奉仕するように努力しています。
今は自分がどう気持ちよくなるかも大事ですが、パートナーも一緒に気持ちよくなってもらうことも重要だと感じるようになりました。
誰もがドライオーガズムの良さを知り、それがメジャーになればいいと今では思っています。
これは、私自身がアナルの快感を何度も体感し、イキやすい体になったからでしょう。
また、性感帯の開発も順調に進んでおり、今では竿の根元や肛門周辺でも絶頂を覚えるようになりました。
それらはすべて前立腺刺激によるドライオーガズムがきっかけだと思いますが、確かにこれがなかったら私の性生活がここまでエキサイトすることもなかったでしょう。
妻に協力してもらい、セックスライフも充実した物になりましたし、今後もさらに研究を続け、自分なりに一番感じられて無理のない性生活を送れると確信しています。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。