ドライオーガズムのコツ

昔の人は性に関しては割と自由であり、男性同士のセックスもありでした。
それは世界的な通例だったらしく、どの地域でも男性がアヌスによる快感を得ていたことが明らかになっています。
現代社会においてもそれはメジャーであり、男性がアナルで快楽を得ることは多少特殊であっても受け入れられているのです。
射精を伴わず、射精の何倍もの快感を得られるドライオーガズムは、多くの人にとって期待がかかる新たな絶頂の状態を示してくれました。
男性だけにある前立腺を刺激し、持続する快感を得るのが特徴ですが、私はつい最近まで存在すら知らなかったです。
性に関しては興味を持たなければいつまでも無知なままですので、自分から興味を持って知識を得なければいけません。
男がどういう形で快感を得るかは漫画やアダルトビデオで見て知っている人のほうが多いでしょう。
オーソドックスな射精のスタイルは、昔から性行為の象徴として取り上げられ、誰もが知っています。
しかし、射精による快感は一瞬の物であり、それを感じた場合は体力の消耗が著しいのはみんながご存知です。
ドライオーガズムは射精を伴わないので、体力などの消耗がありません。
しかも射精の数倍の快感を得ることができ、「ほおおっ」などと声を出してしまうくらい気持ちがいいのです。
これだけは射精では味わうことができない物で、男性として生まれてよかったと心の底から思うでしょう。
性感エステに行ってサービスを受けている時、私も最初は風俗嬢がちょっとしたサービスをしてくれるだけと思っていました。
しかし、手袋をはめて私のアナルに指を入れ、前立腺を実に的確でリズミカルにマッサージしてくれたので、思いの外気持ちが良かったのです。
気がつくと放心状態で、射精せずに達している自分がいました。
こうした素晴らしい体験は、あらゆる面で自分の意識を変え、性生活そのものにも影響してきます。
事実、私は妻とのセックスもかなり派手になり、エキサイトするようになったのです。
妻にはいつも前立腺刺激でお世話になっているので、ここぞとばかりクンニでご奉仕するように努力しています。
今は自分がどう気持ちよくなるかも大事ですが、パートナーも一緒に気持ちよくなってもらうことも重要だと感じるようになりました。
誰もがドライオーガズムの良さを知り、それがメジャーになればいいと今では思っています。
これは、私自身がアナルの快感を何度も体感し、イキやすい体になったからでしょう。
また、性感帯の開発も順調に進んでおり、今では竿の根元や肛門周辺でも絶頂を覚えるようになりました。
それらはすべて前立腺刺激によるドライオーガズムがきっかけだと思いますが、確かにこれがなかったら私の性生活がここまでエキサイトすることもなかったでしょう。
妻に協力してもらい、セックスライフも充実した物になりましたし、今後もさらに研究を続け、自分なりに一番感じられて無理のない性生活を送れると確信しています。

This entry was posted in ドライオーガズム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.