ドライオーガズムのノウハウを記したサイト

ネットでアダルト関連の情報を仕入れていくと、意外なことがわかったりします。
特にアブノーマルな方向の知識は、実は的を射ていた物だったと理解でき、また一歩賢くなった自分を再確認できるのです。
男性がアナルの快感を味わうことについても、特殊な人の性癖くらいにしか思っていなかったのですが、いまやかなりの面で理解できるようになりました。
これは、私自身が前立腺の刺激によってドライオーガズムに達することができたからです。
性感エステに行って、風俗嬢にサービスしてもらったのが、この絶頂感を体感したきっかけでした。
最初はあまり気持ち良いと思いませんでしたが、じわじわと快感が下半身全体に広がり、いつしか「おあおおっ」などと支離滅裂な言葉を発し、風俗嬢の見ている前で失神してしまったのです。
この時ばかりは記憶がありません。
体験してみて驚きましたが、ドライオーガズムの場合は射精を伴わないので、体力の消耗がほぼないのです。
私もイッた後ですぐにまた絶頂を感じましたが、その時もやはり消耗はありませんでした。
これは射精による精液の放出がないからで、従って脱力感や倦怠感も生まれないわけです。
考えようによっては、この絶頂の得方はかなり効率的であり、エコな性生活が送れるきっかけともなり得ます。
それは、体力を消耗せずに射精の数倍もの絶頂を感じることができ、それでいて失う物がないからです。
前立腺を刺激するにはかなりのコツと修練が必要になりますが、慣れてしまえばどうということはないでしょう。
幸い、今は風俗でも簡単にドライオーガズムに達することができます。
性感エステのお店では基本的に風俗嬢の一人一人がお店から指導を受け、お客を確実に絶頂に導くことができるようレクチャーされているのです。
それは、システム的にもよく考えられており、風俗店のレベルの高さを感じられます。
しっかりとした理念を持ち、手段の一つとして射精をせずに絶頂に達する方法をマスターした風俗嬢は、自分たちの仕事に誇りと責任を持っていると感じました。
私は足しげくこうしたお店に通い、自分なりにきちんと分析して、良い条件で絶頂を迎えられるようなパターンを考え、サービスを受けています。
ネットでもドライオーガズムを得るためのノウハウを記したサイトなどは、私にとってバイブルです。
妻とのマンネリ化した性生活に一陣の風を吹き込むため、あえてこの絶頂の状態を研究したのは、偶然ではありません。
今後のセックスライフにおいて射精を伴わない絶頂の状態は主流になるでしょうし、自分でもこの快感が病みつきになっているので、射精による快感より好ましいと思っています。
きちんと説明して、妻にも協力してもらうことになりましたので、これからの私は前立腺刺激によりかなり長時間のセックスが可能な体になりました。
この絶頂の仕方を繰り返していると、男性としての性感帯が開発されていくのもサイト上に記されていて、興味がわきます。

This entry was posted in ドライオーガズム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.