ドライオーガズムの動画

真実の究明には、とにかく実験と経験、探求が必要です。
それは、性に関してのことだと特に興味がわき、自分の体の中に眠る特殊な感覚を呼び起こすことに熱心な人がいることでも証明されています。
ふとした拍子に真実が明らかになることは多く、私もつい最近まで男性がなぜアナルで感じるのかわかりませんでした。
男性には前立腺なる器官があり、これを刺激することで、射精よりはるかに大きい快感を得ることができます。
それは通称ドライオーガズムといい、男性だけが感じられる快感です。
前立腺の刺激には棒状の器具や指を使いますが、できればパートナーに刺激してもらったほうがいいでしょう。
知識を仕入れるとやってみたくなるのが私の性質でして、射精せずに絶頂を迎えるのがいかなる物か、自分なりにやり方で試してみました。
アナルに指を入れるので、かなり特殊な体勢になるのは仕方ないとしても、前立腺を刺激し続けるのは困難を極めたので、やむなく断念し、器具を買うことにしたのです。
アダルト関連グッズの通販サイトで、前立腺刺激のための棒状の器具は売っているので、安い物を買って使ってみました。
すると、最初こそ違和感はあったものの、次第に気持ちが楽になってきて、最終的に「おおおっ」と大きな声まで出てしまったわけです。
私自身こんなに感じるとは思っていなかったので、しばらく放心状態になって動けなかったことも含め、大変驚きました。
ドライオーガズムの影響力は大変大きく、これならはまる人もたくさんいると納得できます。
普段からアブノーマルなセックスを好んでいましたが、アナルの快楽については研究不足でした。
何事も突き詰めてみなければ気が済まない私にとって、前立腺刺激による絶頂感はかなり興味をそそられる物だったのです。
性感エステなる風俗サービスがあるのを知ったのもそんな時で、これはお客にドライオーガズムを感じさせることを売りにした風俗店でした。
試しに行ってみたら、風俗嬢がアナルに指を入れてくれて、ものの数分で達することができたのは驚きです。
今の風俗はテクニシャンが多いと聞いてはいましたが、実際にイカされてみると、これほどの物だったかと感心します。
はずみで探求を行うことになりましたが、今では私がドライオーガズムの虜です。
十分に知識を得てきちんとした技術を持っていれば、いつでも射精なしで絶頂を迎えることができます。
妻とのセックスでも彼女に協力してもらい、かなり長時間プレイできるようになりました。
前立腺刺激のコツは激しすぎず、優しすぎずが基本です。
こうした緩急をつけた刺激は、世のどんな男性にとっても心地よい物になるのでしょう。
アナルの快感を昔の人は禁忌と呼んでいました。
それは、あまりにも大きな快楽に我を忘れてはまってしまうからです。
私も自分の体の中にこれほど未知の感覚があるとは思っていませんでした。
だからこそ、これからも探求していこうと強く思ったのです。

This entry was posted in ドライオーガズム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.