ドライオーガズム

ドライオーガズムによって得られるものを調べてみると、様々な表現を目にします。
最も目にするのは、オーガズム達成時に「頭が真っ白になる」です。
目を閉じた状態で達するのですが、その時に本当に白さを感じていたり、意識がふと飛んだりする事を指しています。
意識が飛ぶといっても、もちろん意識ははっきりとしているので、他の事を感じないといったものを端的に表しているのです。
それまで、前立腺を刺激し続けて、それと同時に周りの空間も感じていましたが、唐突にそれらがなくなるそうです。
それだけリラックスしつつ、快感を得ることができるのでしょう。
また「体が浮く」「フワフワする」といった表現もなされます。
これはオーガズム達成時に、瞬間的に無重力状態を味わうもので、遊園地の遊戯施設でフワッと体が浮く感覚と同様のものです。
集中していると、体の重さを感じ無くなります。
そして、「頭が真っ白になる」と同様に、意識がありつつも、意識が遠のく事を表しているのでしょう。
また、この感覚はオーガズム達成後も僅かながらに残っています。
重さを感じなくなるということは決してありませんが、何をしていても体が軽く浮遊している感覚が残るのです。
それによって何か支障があるかというと、ありません。
少なくとも、浮遊感を否定する発言をネットで見かけたことはありません。
私の経験からも、浮揚感があっても支障はなく、むしろ、軽く酔っているような心地よさがあります(酒は一滴も飲みません)。
また浮遊感を得ている最中は、気分も晴れ晴れしているので、何が起こっても災難と受け止めず、冷静に対処できるのです。
女性でもオーガズム達成時に、浮遊感を味わっているようで、話を聞くことが出来れば、その感覚がより分かることでしょう。
ちなみに、達成後に浮遊感が残ることを女性から聞いた事がなく、もしかしたらドライのみ得られるのかもしれません。
そして、絶頂期が繰り返し訪れるのもネットでは語られています。
射精を伴うウェットオーガズムでは、性刺激が精液によって持たされているのか、射精共に急速に快感が失われますが、それがありません。
オーガズム達成後に余韻があり、その最中に再び性感を刺激すれば容易にオーガズム達成が可能なのです。
そのため、終わりがなく、終止符を打たせるためにわざわざ射精をする人もいます。
それ程、持続性のあるものなのです。
また女性がイク瞬間、体を硬直させ、その後痙攣が続くことがありますが、それが起こります。
その直前に余りにも気持ちが良すぎて息をするのを忘れてしまう人がいるそうですが、これは言葉のあやかもしれません。
しかし、それと同様に、達成直前に「死ぬ~」と感じることがあるのも事実なようです。
全ての快感が押し寄せてきて、余りの強さに衝撃を受け、そうした表現をしているのです。

ドライオーガズムについて、当サイトは初心者向けにきさいしていますが、ドライオーガズムは奥が深いものです。
失神を目指すのであればこちらのサイトがお勧めです・・・ドライオーガズム
男でも失神しそうなくらい気持ちよくなってみたいものですよね。「死ぬ~」は女性でも口にするそうですが、ドライオーガズムはそれほど女性の快感と近いものを味わえるということでしょう。

This entry was posted in ドライオーガズム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.